絵手紙の島

アクセスカウンタ

zoom RSS あつさ 本番    闘病記

<<   作成日時 : 2014/08/08 16:22   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
真冬から一瞬 時計の針が止まり、、、、、ふたたび刻をきざみはじめました いったい自分の身に何が起こったのかはっきりとした記憶が整理できません

 一週間 高熱がさがらず 抗生剤のききめもなくただ からだを横たえているだけ レントゲン撮影で肺に水がたまる胸膜炎と分かり信州地元の病院に入院を告げられました しかし出かけ先のところでもあるのと体の異変の異常さが尋常でないと直観的な五感が 判断 帰島の決断をしました ドクターに高松日赤病院の紹介状を頂きすぐさま昼夜 2日がかりで500kの道のりを経て転がり込むように病院到着 即入院となりました。 日付が変わり2月24日 発症して10日間目です


肺に溜まった水を大きな注射器で背中から2度抜けるだけ留水をとりました
そのあと24時間点滴 抗生物質溶液での治療が始まり毎日この処方の繰り返しが続き ヤットこれで病状回復できるものと期待していましたが 一向に熱が収まりません


当時を思い出しながら綴っていますが 熱が下がらず体調不良で最悪 記憶もあいまいで抜け落ちている処もただありますが大病に向きあつて懸命に いのち のつよさ 弱さを体感する機会を得ることになりました 
次回でまた思いつくままに述べてまいります。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
あつさ 本番    闘病記 絵手紙の島/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる