絵手紙の島

アクセスカウンタ

zoom RSS 感謝の五訓    闘病記ー2

<<   作成日時 : 2014/08/26 15:34   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
:::::薬師寺の光明苑にあるお墓 大阪に住まいする孫たちが家族でおまいりしました メールで様子を知り、ごくろうさま絵手紙を届けました 孫たちがお墓詣りに手を合わせどんな思いでご先祖様を感じているのかわかりませんが、成長に併せて
美しい日本人のこころを育ててほしい 言葉覚えはかんたんなことですが自然に身に付けてっ実践できる大人になってほしい。。。。。

画像
















高台眺め 丁子屋旅館からのプレビュー↓                   闘病記ー2
毎シーズン 相方とふゆのスキー画像
 湯田中温泉旅館におせわになって2か月間雪山に埋もれた至福の別世界 毎日志賀高原へクルマで麓から  通勤? 若いころからあこがれ続けたゆめ の舞台 七十三歳になった今も変わりません
しかし体力の衰えは自然の理 オフシーズンには毎日の日課でトレ・トレ(トレーニング。ウオーク)をして体幹と筋肉維持に努め余暇に里山。低登山をたのしんでいる 少しでも長く人生 身の丈に合った理想を飽きずに追い求める下手な生活してい
ます。

症状の改善がないが結核菌が強く疑われ治療開始(11日目)注射器で採った培養溜水からやっと菌陽性反応の確認(入院30日目)がとれ 幸いにも他人に感染しないタイプ でも服用薬の用量は同じ薬剤 イスコチン:リファピシカプセル:エサンプトール:ピラマイド原末:ピドキサール
これを毎日食前と食後に今までの薬と合わせて飲みますこれが大量で総量(大小20錠) のどに仕え困りはて それと強力なくすりの副作用がでて本来の治療より薬害処方に相当苦しむ日々が続きました 最も困った副作用 オシッコが全く出ない強烈な尿意にも悶絶 生きた心地がしない昼間より夜間5〜15分の間隔で絶え間なく襲う激痛に睡眠が妨げられ残されたメモに夜間20回とあり導尿カテーテルも経験 ハルナール、エビプロスタット、アボルブ、ウブレチドの泌尿器薬でようやく治療の手立てが前に進み地獄のような苦しみからようやく解放されました 入院から46日目 退院
いまも2種類のみの くすり 服用中まもなく  6か月・・・・・・・







月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
感謝の五訓    闘病記ー2 絵手紙の島/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる